美容整形での検査と高額治療勧誘にご注意ください(患者様の安全のために)

光トポグラフィー検査の様子
光トポグラフィー検査の様子

当院では、磁気刺激治療:TMS(経頭蓋磁気刺激)など高額な保険外治療(1回6万円×30回)へ勧誘することはありません。「〇〇(駅名)ストレスクリニック」などと名乗っていても、精神科とは無関係な近視手術や美容整形の法人が運営し、非専門医を院長として雇用しているケースがあるようです。ご参考までに医療法人名や院長名での検索をお勧めします。当院の医師は全員、日本精神神経学会専門医です(理事長・院長は指導医でもあります)。安心して検査をお受けください。

精神科専門医による光トポグラフィー検査

国立精神・神経医療研究センターHPより
国立精神・神経医療研究センターHPより

医療法人社団惟心会は、東京都中央区のりんかい月島クリニックと江東区のりんかい豊洲クリニックを運営しています。2013年6月、法人本部の月島移転を機に、都内精神科クリニックとしては2番目となる光トポグラフィー機器を導入し、うつ病診断や治療選択の精度向上と、患者様やご家族の病状理解に活用しています。

美容外科医による検査との違いと安全性について

光トポグラフィー機器
光トポグラフィー機器

光トポグラフィー検査では、うつ病・双極性障害・統合失調症など、うつ状態を呈す疾患の鑑別診断補助を目的に、脳血流を調べます。現在この検査は大学病院などにおいて実施されていますが、多くは入院を必要とするため、時間的・経済的負担は小さくありません。一方で、とあるクリニックでは近視手術や美容整形出身の非精神科医が検査を実施し、その後、美容の勧誘ノウハウを駆使して非常に高額な保険外治療に誘導されるケースがあるようです。

近年、うつ病性疾患の増加と検査ニーズの高まりから、どの病院でも光トポグラフィー検査の予約は非常に困難となってきています。検査が数ヶ月待ちであったり、対象を入院患者さんに限定したり、初診から結果説明までに何度も通院が必要であったりと、患者さんの負担は少なくありません。

そこで当院は、検査に特化することで患者さんの利便性を高めようと考えました。保険診療を併用しないため総支払額は比較的手頃で、紹介状があれば検査結果は紹介元の先生に郵送するので受診は1度で済みます。

 

検査費用は税別12000円となります。このあとの「よくある質問」や「ご予約の手順」をよくお読みの上、同意書兼検査申込書をFAXまたはメールにてお送りください。追って予約受付確認票を返信いたします。

 

医療法人社団 惟心会は、これからも日々の医療活動に邁進し、安全で機能的な治療の場を作ってまいります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

精神科未受診などの理由で、診療情報提供書のご用意が難しい場合

現在治療中ではないものの、自覚的な抑うつ気分などから当検査を希望される方や

主治医の先生へ診療情報の提供をお願いしにくい場合などは

電話にて保険診療での初診予約をお取りください(電話:03-5547-8633)。

 

その場合はお手数ですが

①初診  (保険診療)

②検査  (保険外診療)

③結果説明(保険診療)

と3回の通院が必要となります。