スタッフブログ

2015年

9月

07日

インフルエンザワクチン​接種料金が値上げされるようです

8月下旬から急に涼しくなり、体調を崩す患者さんもちらほら見かけるようになりました。
これから食欲の秋を満喫するためにも、風邪には気をつけたいものですね。
 
当院は心療内科・精神科を専門としていますが、通院患者さんからの要望を受け
例年10月からインフルエンザの予防接種を受け付けています。
 
これからの季節、街を見渡してみると、内科や小児科に限らず
整形外科や皮膚科でも予防接種を実施している医療機関は沢山あることに
気づくことでしょう。
 
当法人でも当然ながら、スタッフは全員接種するので
これまでスタッフが患者さんへの感染源になるようなケースは防止できています。
 
インフルエンザワクチンは、お付き合いのある医薬品卸の担当者を通じて
毎年9月中旬くらいにその冬の製造状況の情報が入ってきて、随時購入するのですが
今年は「販売価格変更のお知らせ」という文書が、お盆の頃に配布されてまいりました。
 
今年からインフルエンザワクチンに含まれるワクチン株が
3種類(3価)から4種類(4価)に増えるとのことで
製造原価上昇による卸値の変更を事前に通知する文書でした。
 
確かに昨冬などは、流行が予測されたウイルス型とは異なるタイプが猛威を振るったた
ワクチンを接種したにもかかわらず、罹患してしまう患者さんが多くいらっしゃいました。
 
このような「流行予測はずれ」が近年の世界的傾向だったのかどうかはわかりませんが
2013年に世界保健機構(WHO)が4価ワクチンの製造を推奨することとなり
米国では早速そのシーズン(2013/2014)より4価ワクチンの製造が承認され
今シーズン(2015/2016)からは日本でも製造開始となったようです。
 
医療機関としては例年通りの価格で患者さんにお届けしたいワクチンではありますが
こんないきさつで、今年はいくらか値上げをするところが増えそうです。
まあ、インフルエンザに罹って3日も4日も苦しい思いをしたり
仕事に穴を空けてしまう損失に比べれば、安いものなんですが。

2013年

10月

15日

光トポグラフィー検査の費用と便益について

本日は検査のコストパフォーマンスについて考えてみたいと思います。

 

当院は光トポグラフィー検査の料金を税別17800円に設定しているのですが

高いと感じるでしょうか? それとも思ったほど高くない、と感じるでしょうか?

 

先進医療として当検査を実施している医療機関での総額をご存じの方なら

保険外検査としては意外と安く、東京都内の日帰り検査であれば物理的な負担も少ない

との印象をお持ちになるのではないかと思います。

 

現在、うつ症状の鑑別診断補助を目的とした光トポグラフィー検査は

大学病院への検査入院または複数回の通院を前提に実施されることが多く

当院のように紹介制を原則とし検査のみで受診可能な医療機関はほとんどありません。

 

数泊で5~10万円の費用を要する検査入院や、遠方の病院まで何度も通院するよりは

申し込みから検査実施までの待機期間が短く

1度だけの通院で済む当院を選ぶ患者さんが多いのも、ご理解いただけると思います。

 

また、仮に先進医療実施病院での待機期間が3ヶ月とすると

その間に3~6回は通院するでしょうが、当院で早期検査が可能となれば

より早く適切な薬物選択に至ることが期待できます。

さらに、その3ヶ月間の医療費が節減でき、社会復帰が早まるなど

患者さんやご家族はもちろんのこと、医療経済的には社会全体にメリットがあるのです。

 

どのような病気においても、早期発見・早期治療が重要なことは間違いありませんが

精神科の診断では、専門医が仔細に病歴聴取し、丁寧に診察してもなお

正確な診断にたどり着くまで、3ヶ月どころか数年を要すこともあるのが事実です。

 

もし、患者さんやご家族が、診断の一助として当検査を希望されるのであれば

いちど主治医の先生と相談することをお勧めいたします。

2013年

8月

13日

アベノミクスの成長戦略と先進医療

先日の読売新聞に 「先進医療」の仕組み という記事が掲載されていました。

 

アベノミクスによる国の成長戦略にも取り上げられているそうですが、混合診療を例外的に認めて最先端の診断と治療を患者さんに提供し、効果を見極めながら保険適応の可能性をさぐる、と説明されています。

 

りんかい月島クリニックで実施している光トポグラフィー検査も、先進医療として認可された医療技術のひとつですが、当院では混合診療の道を選んでいません。

 

なぜなら、敢えて保険外診療のみの検査に特化することで、大学や国立研究センターと同等レベルの検査を、多くの患者さんに迅速に提供する、との理念で運用しているからです。

 

検査には厚労省に認可された機器(日立ETG-4000)を使用して、うつ状態の鑑別診断精度を上げて誤診の可能性を極力排除し、その後の治療や早期の社会復帰に役立てることを目的としています。

 

そのため、うつ病リワークプログラム(職場復帰支援)参加者には無料で検査を実施し、脳血流の状態を可視化することで、患者さんやご家族・職場の病状理解の一助としています。

 

当院へ検査を受けにいらっしゃる患者さんは、うつ病・双極性障害・統合失調症・発達障害などさまざまですが、正確な診断と適切な治療を追い求めることで、私たち医療機関も微力ではありますが日本の成長戦略に貢献できるのではないか、と考えています。

2013年

6月

26日

光トポグラフィー検査のテレビ収録 @TBS

7月3日夜、TBSにて「石坂浩二&タカトシの“こんな人”は危ない 最新医療で解決SP!」という番組が放送予定です。先週の前半に制作会社の方から連絡があり、赤坂のスタジオに光トポグラフィー機器を搬入してタレントさんの脳血流検査を実施したいので、その解説役として出演してもらえないか、とのことでした。

 

すでに日医大北総病院へのロケは完了しており、番組でNIRS(光トポグラフィー検査)を紹介する方針は確定していました。検査を日常的に実施している者としては、この検査が単に「うつ発見検査」として誤用されることは好ましくなく、「医学的にうつ状態にある患者さんの鑑別診断補助」に用いられる旨をご理解いただいた上、収録に参加してまいりました。

 

スタジオの隅の方でじっと自分の出番を待っていたのですが、スタッフの方々の真剣な仕事ぶりや、タレントさんたちの軽妙なやり取りに、いつしか自分の緊張感もほぐれて収録の様子に見入ってしまいました。

 

今回の収録に使用した機器は、日立のETG-100という型式(当院はETG-4000シリーズ)で、八王子のとある研究所から借りてきたそうです。司会の石坂さんとタカアンドトシさんを背に、スタジオ中央に機器を置いての検査・解説、と私(吉田)の出番は無事終了。タレントさんの脳血流も正常パターンで、ひと安心でした。

2013年

6月

12日

羽田空港からの交通案内を掲載しました

当クリニック最寄りの?空港である羽田空港まで

他県より飛行機でいらっしゃる方からのお問い合わせが続いたため

このたび「診療時間・アクセス」のページを更新いたしました。

 

Yahoo!路線情報によると

羽田空港国内線ターミナル駅から月島駅までは

大門駅で乗り換えてトータル約40分、料金は片道590円とのこと。

 

乗り換えは1回だけなので、比較的便利ですね。

 

ちなみにタクシーの場合、とあるサイトで調べたところ

高速料金別で6000円から7000円となるようです。

 

ご近所の方も遠方の方も、ご来院の際はどうぞお気を付けて!

1 コメント

2013年

6月

01日

本日開院です

りんかい月島クリニックは本日開院しました。

 

クリニック開設は豊洲・築地に続いて3度目ですが

今回は築地から月島への法人本部移転に加え

復職支援室とクリニック部分で移転時期が異なる2段階移転だったので

東京都や保健所への届出がなかなか大変です。

 

ともあれ、スタッフ一丸となった引越作業もなんとか昨日夕方までに終了し

旧築地クリニックに比べると面積も診療時間も増加して、新たな船出を迎えることができました。

 

本日は友人や先輩方からの花や観葉植物がたくさん届き、待合室は華やいだ雰囲気です。

見学に来られた方々は、光トポグラフィー機器を興味深そうに眺めていました。

 

パワーアップした惟心会が、今後も皆様のメンタルヘルス向上に貢献できますように!

0 コメント

2013年

5月

17日

予約受付開始しました

以前から「予約開始は5月中旬から」と当サイトで告知していたため

ここ2-3日は検査予約時のオペレーション確認や

ダウンロードファイル(PDF・エクセル)の仕上げに追われていました。

 

その甲斐あって、予約の流れを説明したページが、昨夜遅くに完成!

 

ここでフローを改めてご説明しますと、基本は

①申込書類様式1-3のダウンロード

②主治医の先生に情報提供書発行を依頼

③同意書兼検査申込書に署名し、FAXまたはメールにて送信

④当院から返信される予約受付確認票に従い、専用番号に電話して、日時を確定

となります。

 

・・・・とブログを書いているうちにも、新規予約申込みがあったようです。

 

りんかい月島クリニックでは、今後も患者さんの負担軽減のため

光トポグラフィー検査のオペレーションを工夫していきたいと思います。

0 コメント

2013年

5月

08日

光トポグラフィー検査デモンストレーション

りんかい月島クリニック光トポグラフィー検査室です。

5月中には準備万端、を目指して準備を進めています。

 

昨夕、日立メディコの担当者Tさんに連絡し

月内にETG-4000のデモンストレーションを2回ほど実施していただくことになりました。

 

こちらとしては各60-90分を前提にスタッフの都合を調整しようかな、と考えていたのですが

日立さん側はノリノリで「2時間でも3時間でもご説明します!」とのこと、頼もしい限りです。

 

当法人の医師・看護師・精神保健福祉士・臨床心理士など、総勢7-8名でレクチャーを受け

その後はお互いを患者さんに見立てて検査デモを実施、となる見込み。

しっかりマスターしてまいります!

0 コメント