光トポグラフィー検査の費用と便益について

本日は検査のコストパフォーマンスについて考えてみたいと思います。

 

当院は光トポグラフィー検査の料金を税別17800円に設定しているのですが

高いと感じるでしょうか? それとも思ったほど高くない、と感じるでしょうか?

 

先進医療として当検査を実施している医療機関での総額をご存じの方なら

保険外検査としては意外と安く、東京都内の日帰り検査であれば物理的な負担も少ない

との印象をお持ちになるのではないかと思います。

 

現在、うつ症状の鑑別診断補助を目的とした光トポグラフィー検査は

大学病院への検査入院または複数回の通院を前提に実施されることが多く

当院のように紹介制を原則とし検査のみで受診可能な医療機関はほとんどありません。

 

数泊で5~10万円の費用を要する検査入院や、遠方の病院まで何度も通院するよりは

申し込みから検査実施までの待機期間が短く

1度だけの通院で済む当院を選ぶ患者さんが多いのも、ご理解いただけると思います。

 

また、仮に先進医療実施病院での待機期間が3ヶ月とすると

その間に3~6回は通院するでしょうが、当院で早期検査が可能となれば

より早く適切な薬物選択に至ることが期待できます。

さらに、その3ヶ月間の医療費が節減でき、社会復帰が早まるなど

患者さんやご家族はもちろんのこと、医療経済的には社会全体にメリットがあるのです。

 

どのような病気においても、早期発見・早期治療が重要なことは間違いありませんが

精神科の診断では、専門医が仔細に病歴聴取し、丁寧に診察してもなお

正確な診断にたどり着くまで、3ヶ月どころか数年を要すこともあるのが事実です。

 

もし、患者さんやご家族が、診断の一助として当検査を希望されるのであれば

いちど主治医の先生と相談することをお勧めいたします。